資産運用をやっておけばよかったという話〜20代で始めるのが当たり前〜




資産運用をやっておけばよかったという話をしたいと思います。

20代で始めるのはこれから当たり前の時代になります。

先日、仕事で外出する機会がありました。

取引先の人と話す機会がありました。

年は僕より上です。

30〜40代の人がメインです。

ランチをすると、みなさん口を揃えて

20代から資産運用をやっていればよかったと漏らすのです。

20代の頃からお金のリテラシーを身につければよかったと後悔を口にしています。

それを聞いた時、やはりそうだなという気持ちが素直に出てきました。

資産運用を20代からやっておけばよかった

20代で始めるのは当たり前の時代

僕は、20代半ばから投資を始めました。

その時ですが、無性に老後がすごく不安になったことを今でも覚えています。

不安なエネルギーが強く、お金をなんとか自分で増やすということを自分で学ばなければいけないと思いました。

不安なエネルギーを上手にコントロールし、勉学に向けました。

僕は、20代半ばから資産運用を始めています。

何度も言いますが、20代で始めることが当たり前だと思っています。

ですが、現在の日本においてお金を学ぶ機会は非常に少なく、学校でも教わらない、社会に出ても誰からも教えてはもらえない。

お金のリテラシーは自分から学びにいけ

僕がお金のリテラシーを学ぶためにまずしたことは、

証券口座を開いたことです。

ここが、第1のステップとなっています。

証券口座を開いたことが自分の人生が変わってきました。

これがきっかけで、投資をして行く中で、より経済にも興味を持つようになりました。

お金に対しても拒絶感や抵抗感がなくなってきました。

日本は非常に充実している国

そもそも、日本は充実している国であるため、お金を学ぶ機会がないのも理解できますし、無理もないです。

学ばなくても生きていけてしまうのが正直なところだと思います。

私は、20代半ばの頃に、強烈に老後を不安に感じたことが功を奏して、資産運用を始めれています。

資産運用の時代の流れとその背景

若年層をターゲット化した商品も多い

今の時代の流れを見ると、あらゆる金融商品やロボットアドバイザーのサイトなんかを見ても、若年層に向けたリブランディング をしているところが多いです。

若い人をターゲットにしていて、国もそれを推奨しているかと思われます。

20代で投資に興味がある人は少ない

実際のところ、20代で資産運用に興味がある人は少ないと感じています。

国、または金融業界の考え方と若年層の感じ方にギャップがあると思います。

実際私も友人に資産運用の話をしても話題についてこれない人は多いです。

だからこそ、

20代の時にこそ、

資産運用を始めるべきだと僕は思っており、逆に周囲に差をつけるチャンスだと捉えています。

20代で自分の将来について資産運用をしている人は少ないです。

自ら考えて動いて行ける人はごく一部だと思います。

30〜40代の人が資産運用をやっておけばよかったと後悔する真因

何故若い時に始めればよかったと後悔するのか

後悔先に立たず…。

30代にもなれば、お金の扱い方も変わります。

そして抱える責任も増えたり守るべきものもできたりします。

そんな時にやはり人生で欠かせないお金の価値観に触れることになるのです。

この価値観に触れた時、20代で資産運用をしていれば、

早くて20歳で始めることができていれば10年間の積み重ねがあります。

25歳で始めても5年間の積み重ねがあります。

30代で始めているようでは遅いのです。

多くの人は、その後悔がありつつも人に伝えることはしません。

投資を始めるに早い遅いはないが・・・。

実際始める時期に早い遅いはありません。

ですが、先ほど述べたように、早く始めたほうが結果がより多く出ます。

時間を味方につけられます。

時間を味方につけられるのは若い時だけです。

自分で気づいて動いた人だけが成果を得ることができるのです。

今、気づいた人は、すぐに証券口座を開くとかアクションを起こすだけでもいいと思います。

自分のできる範囲でいいと思います。

貯金でもいいとは思いますが。。。

資産運用をやっておけばよかったと後悔の言葉を漏らす人が本当に多いため、20代の今のうちからやれている人は少ないから、チャンスと捉えて欲しいです。

自分なりの人生設計を考え、取り組むことが大事です。

20代の人にもっとマネーリテラシーをつけてもらって資産運用を試してもらいたいと思います。

まとめ解説動画








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です