会社選びの意外な方法〜住みたい場所で選ぶのもあり〜




今日は、会社選びに悩むあなたに向けたブログ記事を書きたいと思います。

これから就職をしたい学生やニートの方が対象になります。

人によって価値観は様々であり、いろんな選び方があります。

やりがいを求める人も多いですが、行き詰まってしまった時に別視点から考えて見るのも1つの手です。

会社選びの意外な方法

自分の住みたい場所で選んでみるのも会社選びの1つの選択

どんな感謝に行きたいか、わからない人は本当に多いと思います。

冒頭でも述べましたが、やりがいを求めてみたり収入を多く得たいと行動したとしても、自分がどんな仕事をしたらいいかに躓く人が多いです。

やりたいことをやろうとか近年そのようなキーワードが出回っています。

一度、自分の住みたい場所で就職を考えてみてもいいのでは?と私は思います。

ちょっと違う視点から物事を考えてみると意外な発見ができます。

少しでも気づきが得られたらいいです。

憧れの場所に住んで夢を叶えてしまえ

例えば、あなたは今地方に住んでいるとします。

もし東京への憧れがあり、「東京で働きたい」と思うならその気持ちをしっかりと素直に受け止めることが大事です。

その逆もあり、

現在東京に住んでいて、「赤坂」に住みたいと思うなら、赤坂の会社を選んでもいいです。

思い切りが大事です。

住みたい場所は自分の肌感覚と合う場所

住みたい場所は、自分の考えや感覚とマッチしやすく、肌感覚も合うはずです。

そうゆう選び方をすることで、視野の広がった就職活動に繋がります。

実際、私も仕事を選んだ時のことですが、どこで働きたいかは意外と重要でした。何故ならモチベーションと密接に関わるからです。

正直、たまたま働きたいところで働いて住んでいるのはここだけの話ではありますが。

都心から外れたところでいい求人があったとしても意欲がわかないことだってあります。

刺激を受けれる場所があるなら、そこがいいと思う気持ちが強く出てくるものです。

そのため、自分がどこで働きたいかというのを今一度棚卸ししておくことは重要です。

会社選びの優先順位を変更しよう

やりがいや収入よりも働きたい場所を優先する

やりがいはもちろん大事です。

収入もとても大事です。

ですが、もし行き詰まっているようなら、一度すみたい場所の優先順位をあげてみましょう。

その上で、会社選びをすると今までとは少し異なった会社の選び方が見えてくるはずです。

その中で、自分がやれそうな環境が見つかれば応募したらいいと思います。

自分がその土地に合わないと感じたら合わない可能性は大

合わないものは合わないです。

一度、土地に足を運んで雰囲気を感じてみることもいいでしょう。

仕事選びに疲れてしまった人や転職を考えている人も、別の見方で仕事を選んで見てもいいのではという僕の提案です。

私もそんな風にして転職を成功させました。

解説動画まとめ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です