デザインとは、自分と社会を繋ぐ架け橋である。




デザインという概念を定義するにあたって、大切な定義を2つ学びましたので記録致します。

デザインを定義するにあたって最も大切なことは、「情緒デザイン」「機能デザイン」になります。

これらは、それぞれ共感と体感をを兼ね備えており、目的と対照を最適化することが常に求められます。

目的は何か?

対象は何か?

「この目的で、この対象だからこそ、このデザインが必要である」と言い切れなければいけません。






情緒デザインとは

人の感情に訴えかけ、最適化するためのデザイン。

例えば。

風景写真などを主に使用した広告など。

企業イメージとして訴えたいことが、風景などである場合、そして、それがメインとして活用したい場合は情緒デザインであると考えられます。

機能デザインとは

機能的に優れ、誰にとっても使いやすく最適化されたデザイン。

例えば、

駅の改札などです。

駅の改札は、情緒を思わせるものではありません。

ですが、機能的にすぐれ誰にでもわかりやすい形に工夫されています。

このことを機能デザインと呼んでいます。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です