【人生の選択!】転職に迷ったときに考えておきたい4つのポイント




今日は、転職を考えているあなたに向けて記事を書きたいと思います。

人によって考え方はそれぞれですが、ポイントを絞ってお伝えできればと思います。

夢ややりがいよりも条件を取った方がいい場合がある

誰しも、転職をするときというのは今の仕事よりもやりがいを求めているのではないでしょうか。

それは何故か。

現状に不満だからです。

悲しいことに、人は現状に満足できない生き物です。

不満が出るときは感謝を忘れてしまっている時でもあります。

つい、やりがいを求めてしまう。

自分はもっと違う場所で活躍できる人間ではないのかと。

それも正解です。

ですが、それらを求めすぎるあまり壁にぶつかってしまうこともしばしばあります。

しっかりと休みを取ることで見えてくるものがあります。

体裁や見栄、カッコよさから仕事を選ぶのも大事なことでしょう。

自分の体と相談することが一番大事です。

やりがいを選ぶよりも、今の仕事内容でいいから、多く休みが取れたり早く帰れたい、フレックスタイムに出来たりと融通が効くことを優先した方がいい場合もあるのです。

でなければ、思い切って転職をする意味などないのです。

今の仕事にやりがいを感じないからと、さらなるやりがいを求めて激務の職場へ行く必要などないのです。

それをすればするほど、自分を追い込むことになってしまいます。

自分を追い込むのではなく、開放してある。

これが大事です。

開放してあげれば、自分を許せるようになるはずです。

自分を許せれば、無理のない選択ができるはずです。

転職タイミングを間違えない

転職のタイミングを間違えないことが大事です。

そのためにまずやるべきことは、

転職エージェントへの登録です。

エージェント登録をすれば、自分の市場価値を客観的に理解することができます。

現在の年収を伝えてどこまで伸ばせるのかを図ることができます。

その上で、タイミングを慎重に図るべきです。

急いで辞めても次に繋がるとは限りません。

大事なのは、絶好調の時に決断をすることです。

絶不調の時に決断をしても良い結果に繋がりにくいでしょう。

自分の波を客観的に計りながら、転職エージェントを使い市場価値を図った上で、ヘッドハンティングされればそこが適正かもしれませんし、新たに行きたい場所が見えてくるかもしれません。

その時、必ず1つは壁ができます。

おそらく人間関係が変わるでしょう。

足を引っ張る人も出てくるかもしれません。

そうゆうときはあなたのいなし方が肝になってくるのです。

成功者はすべて、嫉妬対策を完璧にしています。

そういった点も踏まえながら行動に移しましょう。

転職する意味をはき違えない。

あなたにとって転職する意味はなんですか?

冒頭でもお伝えした内容とリンクしますが、

転職する意味があやふやであってはならないのです。

今の職場が嫌なら嫌でいいのです。

嫌ならその点をすべて洗い出し、そうならないところに引っ越せばいいのです。

嫌いなことをやめるとはそうゆうことなのです。

好きなことが見つからないとウダウダ悩むより、

嫌いなことを徹底的に省いた方が幸せに近づきます。

だって、嫌いなことをしていないんですもの。

好きなことをしていないとも取れるかもしれませんが、それよりも嫌いなことをやめる方が大切です。

例えば満員電車なんかもそうですよね。

転職理由に通勤時間があるならば、家の近くの職場を探したっていいのです。

転職の理由を明確に行動を移しましょう。

会社訪問またはエントリーが大事

実際に会社を見に行くことも大事です。

場合によってはエントリーしてしまってもいいでしょう。

本当に縁があるのであれば、面接まで行くことはできますし、

そうでなくても自分の力を図ることができます。

一度ダメだからといって、二度目を受けていけないなどの理由は存在しません。

実際訪問することによって、自分の肌に合うのかどうかを感じることができます。

それをしてから決めるのでも遅くありません。

よし、転職する!と行きめて辞表を出してしまっても何も考えていなければ何も起こらないでしょう。

時に、捨てることによって得られるものは多いですが、1つずつ整理することがオススメです。

まずは、行きたい会社の調査。

そして、エントリー。

その上でやっと面接です。

そこから、合格をもらってから条件交渉に移れるのです。

ここを見逃しがちです。

自分の転職条件を明確にした上で、条件交渉をしなければ意味がないのです。

転職をする目的があやふやでは、またあやふやな人生が始まってしまうのです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です