優しさというものについて考えてみた。




本当の優しさってなんだろうか。

甘え合うことなのだろうか。

僕は違うと思う。

優しいというのは、

必ず厳しさが同居するものだと思う。

最近絶縁を言い渡された僕はどうだったのだろうか、

また、

絶縁を言い渡した僕はどうだったのだろうか、

そんなことを思っていながらも、

仕方なく前に進むしかない。

全ての誤解は、

愛の不足によるものだ。

相手に対する尊敬の念がないことが原因だ。

お金の取り扱いに足してそれらは顕著に現れると感じている。

お金に対してだらしなく、

人のものも我が物顔で接する人は気をつけたほうがいい。

だから、

そうゆう人にとっては、

厳しく接するしかない。

借りている人の思考は、

いつだって貸しがあると考えている。

借りじゃないだよね。

貸しがあると思い込んでいるんだよね。

これは細部に現れるし、

それらを目の当たりにした瞬間。

色々と対策を考えなければいけないなと思った。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です