【Photoshop】Vanishing Pointを使って、超簡単なハメ込み合成テクニックを身につけよう!




デザインをやっているとPhotoshopを扱う機会が断然増えます。また、操作方法によっては使い方がわからずコピー出来ないなどと行った問題もあるよう

そこで今回は、今日はPhotoshop初心者の方へ向けて、簡単な合成テクニックをお伝えしたいと思います。

Vanishing Point使い方【Photoshop】

  1. 使いたい画像を用意
  2. 合成したい画像を用意

今回は、使いたい画像としてスマートフォンの画像を用意します。

合成する画像はこちら!

スマートフォンの画面にこのビールの背景をはめ込んで見ましょう。

Photoshop操作手順

  • Photoshopで2枚の画像を立ち上げ。

下記は2枚画像を立ち上げた状態です。わかりやすくするためにビールの画像は分けました。




  • ビールの画像をコピーする

「comand+A」「comand+C」を押すと全体をコピーできます。

全体をコピーできると周囲に点線が表示されます。

これはこの範囲を選択していますよって意味になります。

  • スマートフォンの画像に貼り付ける

「comand+V」を押せば下記のようになります。




レイヤーも二つになっていることでしょう。

ここからがVanishing pointの本番に移ります。

  • レイヤーを新たに「Vanishing point用」として作り適用します。
  1. レイヤー追加
  2. ビール画像をコピー
  3. 「Vanishing point」フィルターを適用

少し分かりづらいですが、2枚目のレイヤーがビールのレイヤーです。ビールのレイヤーはコピーしたら一旦非表示にします。

なぜならこの方が、Vanishing pointの操作をするときに分かりやすいからです。

Vanishing pointのフィルターを一番上のレイヤーに適用すると下記のようになります。

「comand+option+V」でも下記画面に切り替わります。

  • Vanishing pointoの適用範囲の設定

どこにはめ込みたいかを選択し、ビールの画像を貼り付けます。

すると2枚目のようにスライドができるので、3枚目のように画面ぴったりに合わせましょう。

ですが、この場合指に画像が隠れてしまっているので修正をします。




  • 隠れてしまった指を修正する。

指の部分は単純に、元レイヤーで指の部分を選択範囲してコピー&ペーストすればokです。

すると、下記のようになります。

 まとめ

以上で、Photoshopでの合成テクニックは以上になります。

今回は、Vanishing point を扱った紹介です。

もっと他にもテクニックを紹介したいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です