【私はこれで、警告&エラーを解消したの巻】プラグインBackWPupエラーが出てしまう時の解決方法②




前回、プラグイン「BackWPup」のエラー解決方法について記事を書きました。

しかしながら、処理速度が追いつかず、再度警告が発動し、正常なバックアップが出来ていません。

「警告:ジョブが5分以上無動作により再起動します。」が出ました…。

色々と詳細を調べた結果、見事、正常にバックアップすることに成功しました。

今回、私が行った最終手段を公開致しますが、もし前回の記事を読まれていない方は、是非一度こちらから試してみて下さい。

プラグインBackWPup「エラー:ステップを中止:回数が多すぎます!」「警告: ジョブが5分以上無動作により再起動します。」のエラー解決方法

2018年3月22日

解決方法

基本設定の修正

  1. BackWPupをクリック
  2. 設定をクリック
  3. ジョブをクリック

最大スクリプト実行時間を変更

デフォルトは30秒となっていましたので、「30秒」→「60秒」に変更!




サーバーの負荷を軽減

デフォルトは「無効」となっています。

一旦、「中」にして調整をしてみたところ成功しました。

データの容量にもよるので初めは「中」で調整すると成功する可能性があります。

不要なテーマを削除する

wordpressを初めた当初、デフォルトでいくつかテーマがインストールされています。

使っていないテーマがあるようでしたら削除することをオススメします。

私は、「有料テンプレートSTROK」のみを残しました。

不要なプラグインを削除する

一度、レンタルサーバーmixhost様へ問い合わせたこともあり、プラグイン「Header-footer-Erementer」が負担になっていることが分かりました。

このプラグインはインストールしたものの、使用しておりませんでしたので削除しました。

もし使用していないプラグインがあるならば、削除することをおすすめします。

「Header-Footer-Erementer」を削除!



結果:処理時間を大幅に短縮

ブログ①

処理時間が大幅に短縮しています。

サイズも若干ですが、少なくなっていますので効果でました。

ブログ②

サブのブログですが、こちらは画像と動画を多く使用していることもあり、サイズが1Gを超えています。

今回の解決方法を試したことで、ステータスは正常終了しました。

処理時間も、「19484秒」→「1231秒」とかなり変化ありました。


以上です。

ありがとうございました♫








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です