愛用ジョンロブの靴磨き手順を公開!ビジネスの成功は足元から。メンテナンス方法知らなければ意味がない。




こんばんわ〜。

愛用ジョンロブの靴磨きをしました。

実は、ここ最近お気に入りの靴なのに履くことが出来ず、気付いたら冬の乾燥によって粉を吹いてました。三年前に一生を共にすると決めた靴で、とても可哀想なことしました。

私は千田琢哉さんの影響を受けていることもあって、ジョンロブを手に入れました。

買ってみたら、いや、試着した時点で、履きご心地が違うのなんの。世界観が一変しました。

今日はせっかくなので、僕のメンテナンス手順を画像ごとに公開してみたいと思います。


靴磨きに準備するものって何?

★使用材料
・リムーバー(保湿クリーム) → 写真奥の白いクリーム。
・シュークリーム黒色 (これは食べれません笑)
・手拭い (使い古しのタオルでok)
・クロス (汚れ落とす用、茶色) → 布は少し粗め。
・クロス (仕上げ用、黄色) →布はとても柔らかく繊細。
・馬毛ブラシ

僕は上記6点を使用してます。

本当は、ワックスもあるといいです。ピカピカになります。

左から

使い古しタオル → クロス(仕上げ用) → クロス(汚れ落とす用)

馬毛ブラシです。黒色のシュークリームを塗る専用にしています。

左側はリムーバーです。保湿クリームですね。
女性のお手入れとにていますよね。

右側は黒色のシュークリームです。

靴磨きを始める前

乾燥して粉吹いてるのがわかります。実際はこの程度なら布で拭けば大分取れます。

裏側はこんな感じ。




靴磨きの手順

  • 靴紐を外し手拭いで汚れを落とす
  • リムーバー(保湿クリーム)でお手入れ
  • クロス(汚れ落とし用)
  • シュークリーム(黒色)を使う
  • 馬毛ブラシを使い全体に馴染ませる
  • クロス(仕上げ用)を使って拭きあげる

さぁ、それでは靴磨きの世界に突入しましょう!

 

靴紐を外し手拭いで汚れを落とす

まず、靴紐を外すところからですね。

一度、シューツリーは外しますが、靴紐を外したらシューツリーは中に入れて下さい。

リムーバー(保湿クリーム)でお手入れ

汚れを浮かび上がらせ保湿します。この際には、あまり必要以上にクリームを付けすぎないこと。薄く伸びる程度付けられればそれで十分です。

タオルの使っていない部分で、一旦綺麗に拭くとここまで綺麗になります。

シュークリーム黒色が取れた状態にもなるので光沢も少し落ちますね。

クロス(汚れ落とし用)

クロスを使ってさらに表面的な汚れを落とします。

ここまでやるのは少し神経質かもしれませんね^^;

シュークリーム(黒色)を使う

このように、タオルを使いまんべんなく塗っていきます。

この時も、あまり付けすぎずまんべんなく塗るのが秘訣です。

馬毛ブラシを使い全体に馴染ませる

馬毛ブラシをつかって、シュークリームを全体に伸ばしていきます。
靴磨きでこの作業が一番好きです。すごい楽しいです。

写真は、作業前のものですが、出来上がりは次見て下さい。

楽しい作業はあっという間ですね。

クロス(仕上げ用)を使って拭きあげる

このクロスを使って拭いていきます。

今はこんなに綺麗なクロスも、丁寧に磨き上げると…。

こんなに真っ黒になっちゃいました笑

でも、それだけ満遍なく広がった証拠ですね。

 

靴磨きの完成

じゃーん!

かなりピカピカですよね。

いつも大体一時間くらいかかってます。笑
恥ずかしながら、この作業中、jazzを聴きながら過去に耽ったりしてしまうこともあります。

愛用ジョンロブの靴紐の結び方。意外と方法を忘れてしまうので記事にしてみた。

2018年3月13日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です