トイレの間でも握力の筋トレが出来る!トイレにハンドグリップを置く効率的な時間の使い方。考え方。




こんばんわ。

今日は、僕のちょっとした時間の使い方を公開したいと思います。

筋トレ編です!

あれ?いつの間にそんなジャンルできた?って感じですね。笑

僕はあまり体が丈夫な方ではありませんので、細かな時間を使って少しでも鍛えるように心がけています。

タイトル付けてて思ったのですが、このタイトルの中に「ト」と「レ」が3回も出てきてちょっと面白い!なんて一人で思ってました。

さっ、次いきましょう!笑


ハンドグリップってどんなのだっけ?

こんなのです。
知ってますよね。ハンドグリップ。

Amazon.co.jp: おすすめハンドグリップの一覧

僕はこれを使って鍛えています。

100円均一で買えるのでこだわりのない方はそうするといいです。

僕も100円均一で手に入れました。コツは「いいものを安く」です。

ですが、世の中、いいものは高い傾向にあるのも真実です。

やりすぎてゴムが切れてるの分かりますよね。

これは100円で手に入れたからでしょう。破れると手が少し痛いです。

少しお金出せばこういった心配はないかと。

ハンドグリップの使い方は?

こうするだけです。

こうやって、ムギュッとするのです!

僕は手が小さいので、それぞれサイズは合わせた方がいいですよね。

25kgのものを使ってます。

すごい人はもっともっと上を行けるのでしょうが、僕はこれを継続してやってます。

 




トイレの空きスペースと空き時間を利用する!?

そして、僕が目を付けたのはこれです!

  • トイレットペーパーの空きスペースを利用した
  • トイレの空き時間を有効に筋トレできる
  • トイレットペーパーを取り出すにはハンドグリップをどかさなければいけない
  • 必然的に手に握る
  • 筋トレをする流れになる → 右手20回 左手20回
  • トイレに入ったらハンドグリップを握る習慣になる
  • ハンドグリップを握ったら筋トレをする
  • トイレから出るには置いて外に出ないといけない

たった、これだけのことですが、当たり前に思うかもしれません。

しかも、わざわざブログ記事にするなんて変かもしれません。

それでも僕は伝えたい。

小さなきっかけを自分に仕掛けるだけで、スペースに置いておくだけで、毎日やる動機に繋がるのです。

空き時間を使って、「左手20回、右手20回やったら出る」などのルールを決めれば必然的に継続できそうじゃないでしょうか。

 

僕は、これが習慣を変えるということだと思います。

まさか、トイレの中で?なんて声もあるかもしれませんが、これは事例として捉え、こんな切り口から自分を変えるきっかけ作りもあるよってことをお伝えしたかったのです。

以上になります^^












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です