親の期待に応えようと頑張ると体を壊す説。責任感強い一人っ子のあなたがプレッシャーに負けない考え方。




責任感強い一人っ子のあなたがプレッシャーに負けない考え方

一人っ子のプレッシャーは計り知れない

一人っ子はご両親に大切にされている分、両親に対して必要以上の責任感を感じています。

多くの言葉に、「頑張ってね!期待しているから!」と声を掛けられる方が多いのではないでしょうか?

この「頑張ってね」という言葉は、非常に無責任です。

当の本人は、毎日懸命に生きている。

にも関わらず、大好きな両親から「頑張ってね!」と言われてもこれ以上頑張れないと、心の何処かで思っているのではないか。

「親の期待」 = 「世間体」 という図式もあります。

頑張っている本人に対して、頑張ってとつい声を掛けてしまうのは理解が足りないのではないか。

 




「頑張れ!」の言葉の中に都合のよい考え方があると思えるのです。

両親にとっては、後々豊かな生活でありたいし、介護の問題も次世代に面倒を見てもらいたい。自分の人生を何とかしてもらいたいという甘えが、「頑張れ」に変わっているのです。

いつの間にかに両親が子供になろうとしています。

ですが、この流れは仕方ありません。

受け入れるしかありません。

積極的に受け入れましょう。

事実を受け入れられれば、清々しい気持ちになります。

両親も年を重ねるに連れ、を意識しているのです。

誰かに頼りたい、すがりたいと願うのは自然の摂理です。

こればかりは変えられない事実なのです。

老後を意識し、死を意識し、純粋に息子(娘)の晴れ姿を見たいと願っての言葉である可能性もあります。

両親の愛情を全て受け止めて、あなた自身がどう生きるかを考えた方がより豊かに生きられます。

全てを負担に感じ続けていたら体を壊します。そうなる前に、自分を助けてあげましょう。



あなたは人の期待に応えるために、必死に生きてはいないだろうか。
とくに優等生や真面目人間は、その傾向が強い。
子どもの頃から親の期待を裏切らないように、勉強してきた。
親の期待を裏切らないように、就職先を決めてきた。
親の期待を裏切らないように、昇進してきた。
親の期待を裏切らないように、結婚相手を決めてきた。
こういう人は、親の期待を裏切らないだけではなく、友人や恋人、上司や部下の期待を裏切らないように、命を削って必死で頑張り続ける。
この調子で生きていくと、その人は自分の人生ではなく、他人の人生を歩むことになる。
「P200一部引用 千田琢哉 振り回されないための60の方法」

頑張り過ぎるあなたが上手くいく方法とは?

巷では、頑張りすぎないことが大事だとよく解かれます。

ですが、それが出来ないのが難しいのです。

では、どうしたらよいか?

早く寝ること

いつもより早く寝ましょう。

何かにプレッシャーを感じている時、これはストレスを感じている時です。

ストレスを感じていては、どんな言葉や物事も過剰に感じてしまうものです。

今日はイライラしてるな、と感じたら直ぐお風呂に入って寝ましょう。

睡眠を意識するだけで人生は確実に変わります。

次の日、早く起きれたら太陽を浴びましょう。ストレッチをしましょう。

これを習慣化するだけでも、ストレスの感じ方、プレッシャーの感じ方が変わってきます。

行動に移しましょう。




映画鑑賞をしよう

新しい刺激を自分の中に入れ、自分の中の引き出しを増やしてみましょう。

映画の中で、もしかしたら自分と同じ状況下に出くわすかもしれません。

似たような人物に出会うかもしれません。

違う考え方に触れられるかもしれません。

そうすれば、今のあなたを救う言葉や出会いに恵まれるはずです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です