千田琢哉「たった2分で、勇気を取り戻す本。」を読んでみた感想




著書のまとめ

  • 人付き合いで臆病になってしまったら…
  • 勇気を出して仕事をする
  • 上下関係ってなんだろう
  • 友達ってなんだろう
  • 恋愛する勇気を持とう
  • 借金を断ろう
  • 自分を裏切らないこと
この本の内容には、上記7点がまとめられております。

個人の感想をお元にご紹介していきます。

勇気とは生まれつきの才能ではない。

誰もが訓練によって習得するものだ。

「冒頭引用」

  • たった2分シリーズのオススメ10冊気になる方はこちら!

千田琢哉「たった2分シリーズ」のオススメ10冊を総まとめ!

2018年4月7日

人付き合いで臆病になってしまったら…

あなたは何故、人に臆病になってしまったのでしょう。

過去に傷つきましたか。

好きな人に振られましたか。

人を傷つけましたか。

誰かに傷つけられたら、その人を恨むかもしれません。許せるかもしれません。

ですが、傷つけられた感情をエネルギーに転換できれば復活することもできます。

意外と多いのが、人を傷つけてしまった場合です。

人は、傷つけられた方も傷つけた方も辛いのです。

傷つけたあとの後遺症は大きいです。罪悪感がいつまでも残り続けるかもしれません。

それでも生きていくのが人生です。

何かを償えとは言いません。

でも前を向いて歩くしかないのではないでしょうか。

臆病になって歩けずにいるなんてもったいないです。

自分を励まして、過去の自分はよくやったと褒めてみては如何ですか。

少しずつでいいです。

本音で生きれば、失うものも出てきます。

でも本音で生きれば、得るものも出てきます。

せっかくなら、本音でいきてあなたにとって本物の出会いを手に入れたいですね。

どこにいっても、あなたを大切にしてくれる人はいます。

自分が心さえ開けば、必ず現れます。

大丈夫です。勇気を出して、一歩踏み出してみませんか。

好きな人がいるなら、一声かければいいんです。

まだ、それまでの人に出会えていないならば、時期が来るのを待ちましょう。

絶対に現れます。

あなたが一生懸命に生きていれば、必ず現れます。

どんなに臆病なあなたでも、受け入れてくれる人はいます。

恥ずかしがることはありません。

一緒に楽しく人生を歩んでいきましょう。

自分を許す勇気を持つことが、すべての人間関係のスタートなのだ。

「P43」一部引用

勇気を出して仕事をする

仕事に自信が持てないでいますか。

仕事仲間と関係がうまくいっていないですか。

より関係性を高めるには、自分から折れることも大切です。

下手に意地を張り、我を通してしまうより、一歩引いて大人になることも時には必要です。

いつでも一歩引ける覚悟があるなら、果敢に挑めるのではないでしょうか。

せっかく一緒に仕事をするのです。

お互いの人生をより素晴らしいものにするために、魂をぶつけ合って高め合えたらいいですよね。

もし、間違ってしまったと思うなら謝れば済む話です。

素直な気持ちで向き合えば必ず開けます。

「ごめんなさい」を言える人間は、着実に成長していくのだ。

「P77」一部引用

上下関係ってなんだろう

上司と部下。

確かに、上司は部下の上の立場にあり、能力的にも上です。

ですが、上司だからといって全て言いなりになってしまうのは、どうかと思います。

あなたが、上司に惚れ込み全てを受けれているなら別です。

そして、そうであるならとても素晴らしいことです。

ですが、多くの人は、自分にとって絶対的上司に出会えている確率は低いのではないでしょうか。

とはいえ、組織はまとめるリーダーがいなければ成り立ちません。

そこに私情は関係ありません。利益を追求することが大事だからです。

利益が出なければ、会社は倒産し、あなたにお金も振り込まれないからです。

会社が発展するためにも、部下であるあなたは上司に意見を述べるべきですし、上司であるあなたも部下に本音を伝えるべきです。

部下は、上司のことをよく見ています。自分に対して本音であるかどうかよくわかっています。

指導をするのはエネルギーがいることですし、嫌われるリスクもあります。

だからこそ指導に手を抜く上司が多いのも事実です。お給料が割に合わないからです。

それでも、本気で変わりたいのでれば、本音を伝えることが一番大切なのではないでしょうか。

もしあのとき遠慮せず自分の意見を言っておけば、よりよい結果を出せたかもしれないのに…

「P92」一部引用

友だちってなんだろう

友だちは、礼儀をわきまえた上で、分け隔てなく話せる関係ではないでしょうか。

逆に、友だち関係というものに固執し、意識してしまうと作りづらいかもしれません。

友だちは、自分と誰かを結んだ関係の延長線上に名付けられた単なる名称です。

まずは、自分と誰かがよりよい関係を目指すことが大事です。

友だちができないと嘆いてしまう前に、目の前の人に対して自分が何ができるかを考えることが大事なのではないでしょうか。

その延長線上に、友だちと呼べる関係が出来上がればそれでいいのではないでしょうか。

友だちというのは、上下目線ではなく、ふらっと目線で作るものだからである。

「P115」一部引用

恋愛する勇気を持とう

好きな人の前では、中々正直になれないものです。

人によっては、自分を偽りあえて冷たく接してしまう人もいるでしょう。

デートに誘えない人もいるでしょう。

でも、本当にそれでいいですか。

そのままでいいですか。

自分から行動しなければ何も変わりません。

恋愛も、仕事も、人生も、変えるのはあなたです。

誰かに変えてもらうのが人生ではありません。

自分で自分を変えていくことが大事です。

恋愛は好きになるだけ、失恋のショックは大きです。

でも、それを想像して前に進めないでいるほど虚しいことはありません。

結局、恋愛できない状態とは、逃げている時期です。

人を好きになることには勇気がいります。

告白するには、度胸が必要です。

付き合い続けるには、成長も必要です。

もし、好きな人にアプローチしたければ目をそらさないことです。

凝視し続けることとは少し違いますが、相手が見てくれているのに自分が逃げて目をそらしたら負けです。

人生において負けるべき戦いもありますが、あなたが本気で臨む試合は勝つことが大事です。

好きになったら、あと1秒だけ目を合わせてみる。

「P138」引用

借金を断ろう

あなたに借金を頼みに来た人は、あなたを友だちと思っていません。

何かを押し売りしようと迫ってくる人も同様です。

あなたを、一人の人間と思っているのではなく、一人のお金として見ているからです。

これまで親しくしていれいるほど、断りづらいものです。

ショックを受けるかもしれませんが、相手は初めからあなたにお金を借りるつもりで接していたのです。

だから親しくしていたのです。優しくしたのです。

あなたにお金があることを嗅ぎ分けていたのです。

なぜ、あいてはあなたにお金があることを嗅ぎ分けていたのでしょう。

嗅ぎ分ける、表現通り、匂いがしたのです。

あなたは、自然にお金がある雰囲気を醸し出していたのではないですか。

原因はあなたにあったのです。

あなたが、見栄でお金をあるように見せ、プライドが捨てられないが故、そのような人を見抜けず、近寄ってくるのです。

それでも、貸してしまったあなたはまだ運がいいです。

運の悪い人間と縁を切れるのであれば、どんなにお金を払っても安いものだ。

「P183」一部引用

自分を裏切らないこと

自分を信じれないほど、辛いものはないですよね。

ですが、目の前に出た結果は全て正しいです。

自分が出した結果です。

いくら自分で否定しても、相手の責にしても、それがあなたなのです。

グッと噛み締めて、前に進みませんか。

時間は過ぎていくばかりです。

戻ってくる時間は1秒とありません。

過去が振り返れないならば、今目の前を変えていくしかありません。

事実を受け入れ自分の手で開いていきますしょう。

結果は事実である。

「P202」一部引用










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です