【就活テクニック】絶対採用担当にウケるオリジナル履歴書の書き方マニュアル




私が転職に成功させたテクニックを公開します。

今回の記事は、履歴書について特化してお伝えしたいと思います。

転職(就職)を成功させるために知っておくべきたった10のメソッド

2019年7月6日

以前こちらの記事に転職テクニックを書きましたのでよかったら参考にしてください。

何故オリジナル履歴書なのか

普通は、市販の履歴書またはテンプレートを使ったりするのではないでしょうか。

テンプレートといえども、転職エージェントなどが用意したものになるのではないでしょうか。

市販のもの、テンプレートのもの、どれもあなたの為に作られた物ではありません。

こうゆう形式で企業に提出すれば失礼がないですよ。と、世間の常識としてまかり通った物であるからです。

ということは、それらの履歴書で応募すればするほど、その他大勢の中にあなたの存在は埋れ価値を産まなくなります。

あなたの価値を最大化する方法は、他人と異なることです。

特別優れた物を作れとか、拍子抜けしたものを作れという訳ではありません。

他人と異なっていればそれでいいのです。

そうはいうものの、人それぞれ元々違うものです。

だから、自分らしさを表現する履歴書において、効果的に相手に伝えるフォーマットを自分らしい形で作ればそれで良いのです。

どのようにフォーマットにするべきか

フォーマットは、飛び抜けてひっちゃかめっちゃかな物を作ればいいという訳ではありません。

サイズは、A3またはB4で作成しましょう。

ここでのアピールポイントとしては、正式な書類を自分のオリジナルな形で、自分の思想で作成出来ますよ、と言ったことが大事になってきます。

ですので、規定は守りつつ、ルールの中で遊ぶことが大事です。

項目自体も既存のものと一緒で構いません。

さらに大事なのは、空白を作らないことです。

空白を作らないレイアウトを自分の中で構築できたら勝ちです。

空白があるということは、アピールできない点が多いと思われます。

市販の履歴書では、無駄に資格の欄などもあり、アピールできないことをわざわざ自分で晒してしまう形になります。

それは意味ないですね。

なので、オリジナル履歴書を作りましょうということなんです。

何をアピールするかを明確にする

次は、自分のアピールポイントの整理です。

あなたの職歴は順風満帆でしたか?

それとも、転職を繰り返し傷だらけの経歴ですか?

大丈夫です。

絶対にどんな人でも、素晴らしい履歴書に転換させることができます。

まずは、自分の経歴の洗い出しです。

大学を中退していようと、伝え方一つで逆転できます。

そして、弱いなと思った経歴や学歴は必要以上に書かなくていいのです。

空いてしまった空白は、他の強みで埋めることができます。

そして他の強みで埋めることができるのがオリジナル履歴書なんです。

自分の弱みは最小限に抑え、強みを最大限に書き込みましょう。

学歴が弱ければ、趣味や特技で埋めればいいのです。

あなたには何かしらのやってきたことがあるはずです。

それらを、自分で思っている以上に大々的にアピールしましょう。

職歴が短くとも、何か一貫して得ているものがあれば、書き方一つで逆転です!

頑張って描いてみましょう。

志望動機の明確化

多くの人が悩む志望動機ですが、まずあなたはどんな会社に勤めたいですか?

というのを自分に問いかける必要があります。

ですが、ここで人は迷います。

人生に戸惑います。

自分の進む道と選択に不安を覚えます。

履歴書が書けなくなるかもしれません。

明確な志望動機がある方は、その企業に向けて猛烈なアピールをしましょう。

ですが、そうでない方にとってはまだまだ問題が山積みです。

そんな方のためにアドバイス

今の就職で人生は終わることはありません。

今の世の中は、とても親切にできていて、あまり野望や野心、目的意欲がなくともなんとなく就職できてしまうという点において、非常に生きやすい世の中となっています。

ですが、それらの親切が逆に個人を苦しめていることも確かでしょう。

ここで何をしたら良いかわからない方は日本という国の親切心に甘えてもいいのではないでしょうか。

話は若干それていますが、やりたいことなどそんな簡単に見つかりません。

初めからやりたいことが見つかる人なんて稀です。

30台や40台ましてや、死に際にこれがやりたかったんだ!と分かればいい方だと思います。

大切なのは、タイミングを逃さず、自分の中で起きている波の流れをきちんと把握することです。

そして、仮にここならやれそうかもと思える企業を見つけたらまずはそこを受けてみましょう。

そして、書類選考が通り面接を迎えて初めて就活が始まるのです。

書類を通すことが大事なのです。

志望動機は、企業の理念に加え、あなたの壮大な夢と厳しい現実に目を向けた一文が大事です。

履歴書写真は写真館で撮ろう

履歴書の写真は、写真館で撮りましょう。

決して、そこらの機械で撮影してはいけません。

多少値段はかかりますが、ここで就職浪人をして大量の出費がかさんでしまうよりかは、今ここで履歴書の写真にお金を賭けておくのは大事なことです。

まず、綺麗にとってもらえる点が良いですよね。

また、採用担当者が一番見るのは写真です。

写真の表情から全てを考察してきます。

写真で手を抜いている人なのかどうかも分かってしまうんです。

写真館で撮ってもらうということは、カメラマンにとってもらうということです。

カメラマンは人を笑顔にするのも上手です。

その点であなたも自然と笑顔の素敵な写真が取れるでしょう。

まとめ

以上となりますが、オリジナル履歴書で望み、是非就活を勝ち取りましょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です