【WordPressプラグイン – Table of Contents Plus(TOC+)】記事の目次を自動生成しよう!インストール方法の解説




WordPressでブログを始めた当初は、他のブログ様を参考にしながら作業をすることもありますよね。

しばらくすると、自分のブログには目次がないのに、他の人のブログには目次がある!と気付くはずです。

目次はあった方が見易いですよね。自分のブログにも設置したいですよね!

そんな方の為に今日は、wordpressのプラグイン「Table of Contents Plus(TOC+)」の設定について解説して参ります。

Table of Contents Plus(TOC+)って何?

見出しタグを元に自動的に、目次を作成するプラグインです!

プラグインを設定することでこんな風に目次を自動的に作れちゃいます!

※見出しとは、wordpress新規投稿画面にある下図のことです。

インストール方法

  1. プラグインをクリック
  2. 新規追加をクリック
  3. 検索キーワード「Table of Contents Plus」で検索 ←コピペして大丈夫です。
  4. 該当プラグインを「今すぐインストール」をクリック
  5. 有効化にする
  1. インストール済みプラグインをクリック
  2. 下図が設定と表示されていれば、ok!

設定方法

次に目次の設定方法に移ります。

  1. 設定をクリック
  2. TOC+をクリック
  3. 基本設定を開きます
初めに、私の設定状況を公開します。

こちらをそのまま真似してもらえば形としては問題なく機能します。

※下図は、上級者向け(hide)を表示にした設定内容です。


位置

目次の位置を設定することが出来ます。

「最初の見出しの前(デフォルト)」がベストでしょう。

表示条件

見出しの個数によって目次を作成する条件を選べます。

「3」と設定することによって、見出しが3つ付いた記事に目次が自動生成されます。

以下のコンテンツタイプを自動挿入

「post」だけにチェックを入れれば十分です。

postとはこの投稿された記事のことです。

外観の設定

こちらはまとめて説明します。

下図見ていただくと、わかりやすいです。

  • 見出しテキスト → 上部に表示される「目次」のことです。
  • 階層表示 → 見出し数に応じて階層を分けてくれます。
  • 番号振り → 番号を付番するか選べます。
  • 横幅 → デフォルトがベスト
  • プレゼンテーション → 色を選べます。

除外する見出しについて

こちらは上級者向けの設定になります。

私は、Jetpackを使用していることから、除外する見出しを設定しています。

こちらの詳しい内容については、別途記事書いておりますのでご参照下さい。

自動作成された目次に「いいね:」「共有:」「関連」が出てきた際、非表示にする2つの解決方法。【WordPressプラグイン – Table of Contents Plus】

2018年3月15日

まとめ

以上となりますが、プラグイン一つ設定するだけで簡単に目次が作れてしまいます。

ぜひ、記事を見ながらトライしてみて下さい!

ありがとうございました!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です